貸金業者の確認をしてください

まずはヤミ金というのはどういうことを指すのかという事をしっかり理解しましょう。ヤミ金は出資法に違反し、高い利息で貸し付けを行っている業者、また貸金業法で義務付けとなっている貸金業者の登録を行わず違法行為を行うものをさします。

出資法では、貸金業者が貸し付けを行う際、金利の上限を定めています。これは年利20%が上限となっており、これを超える貸し付けに対しては、刑事罰が与えられることになります。貸金業法を営む場合、行政への登録が必要となり、これは義務付けです。無登録で営業する行為は禁止されています。そのため、金利が少ない、多いという事に限らず、無登録で営業している貸金業者は、ヤミ金として刑事罰があります。

現在、貸金業者として登録されているかどうかは、金融庁のホームページからも確認する事ができるようになっています。もしも、怪しいなと思う消費者金融と感じる場合、名前と登録を確認してみてください。

違法なヤミ金業者についても、金融庁、財務局などで情報公開していますので、検索サービスなどを利用して情報を確認し、ヤミ金かどうかを確認する事も必要です。お金が必要だからと安易に貸してくれるという業者を助けてくれる業者と思うのは間違いです。ほかの消費者金融が貸付してくれないのに、簡単に貸し付けを行うというのはおかしいと感じるべきです。